728×90
320×100

ウィンドウズ10にアップロードしたら『Office for Windows 10』無料配布版をお勧めします!

シェアする

160203-0302

『Office for Windows 10』無料配布版の使い心地は一体どうなのか?

Windows 10にはもうアップロードはもうお済でしょうか?既にお済の方はMicrosoft OfficeがWindows 10では無料で使えることをご存知ですか?ビジネスユースではMicrosoft Officeは欠かすことの出来ないツールですので、これを利用しない手は無いはずです。

無料で使えるのはPC・スマホ・タブレットなどあらゆる端末で動作するように開発されたユニバーサルアプリ版で、『Office for Windows 10』と呼ばれているものです。すでにiOSやAndroidでは同様のMicrosoft Officeが無償提供されているので、これのWindows版と考えればよいでしょう。これまでのデスクトップ版の流れをくむMicrosoft Officeは『Office 2016(仮称)』として発売される予定なので混同しないように注意が必要です。

今回はこの『Office for Windows 10』の特徴や新機能をWindows 10アップグレードに向けて最新Officeをチェックしておいてください。

タッチ操作に適したUIが特徴的

『Office for Windows 10』を起動してみると従来のOfficeに比べて画面上部の「リボンメニュー」が大きいのに気がつくと思います。これはスマホ・タブレットなどでのタッチ操作を想定しているためです。従来のOfficeもメニューバーを廃止し、リボンメニューにしたことでタッチ操作はしやすくなっていました。しかし、それでも全体的にボタンが小さく、タッチミスが頻発するために結局マウスを使う人がほとんどでした。

ところが、『Office for Windows 10』は完全にタッチ操作に特化したデザインとなっているので、マウスを使う必要はありません。指先でサクサクとドキュメントを編集できます。これまでマウスでなければ表示しにくかったコンテキストメニュー(右クリックメニュー)もドキュメント内のテキストや画像をタッチすると自動で表示されるため操作しやすいです。

編集したドキュメントはPDF形式で書き出すことができ、メールで送信するのも簡単です。また、デスクトップ版のOfficeとも互換性が高いので、相手先のPCにMicrosoft Officeがインストールされているならば、そのまま送信しても問題なく開けます。

従来のOfficeに比べると機能はかなり物足りない

無料でOfficeが使えるということで、Windows 10ではOfficeを購入しなくても大丈夫と思うかもしれません。確かにWordで簡単な資料を作ったり、Excelでちょっとしたグラフを作成する程度なら『Office for Windows 10』でまったく問題ないと思います。共有機能もあるので仲間とのドキュメントの共有も簡単です。

しかし、マクロ(自動実行処理)のように高度な機能を使うならOffice 2016が必要なのです。というのも『Office for Windows 10』は各ソフトの基本的な機能以外をバッサリ切り落としていてマクロなどを使用したファイルを開いても正常に表示できないからなのです。Microsoft謹製ということで従来のOfficeと互換性は高いのですが、機能が少ないのは非常に残念です。Microsoft Officeを使いこなさなければならない仕事では使いものにならないと思います。

無料にこだわるなら「Libre Office」との併用がオススメ

ここまでで紹介してきたように『Office for Windows 10』は無料で使えるものの機能は限定されていて、高度な編集はできません。そこで役立つのが『Libre Office』です。

これは無料で利用できるオフィススイートでWordには『Writer』、Excelには『Calc』、PowerPointには『Impress』と、それぞれMicrosoft Officeに対応するソフトが用意されています。

UIはリボンメニューを採用する前のMicrosoft Officeに似ていて、メニューバーとツールバーを利用しながら編集できます。Windows 98やXP時代からMicrosoft Officeに親しんでいれば操作に困ることはないと思います。また、互換性も高く、Microsoft Officeで作成したドキュメントをほとんど正確に表示できるのです。編集したドキュメントをMicrosoft Office形式で保存することももちろん可能です。

したがって、『Office for Windows 10』で表示・編集できないドキュメントがあった場合でも『Libre Office』がインストールされていれば、こちらから表示・編集できる可能性が高いです。無料でOfficeが使える環境を作りたいならば必須ソフトといえると思います。なお、『Libre Office』は正式にWindows 10に対応していないものの動作は可能です。近日中に正式対応した新バージョンも公開される予定です。

機能は限定されているとはいっても、無料ならば使わない手はありません。仕事などで高度な編集を必要とする人は無料ソフトとの併用で新しいMicrosoft Officeをバリバリ使い倒すことをお勧めします。

Shinichiro SHISHIDO
店舗の売上応援団長

株式会社ゼンショー(すき家)に新卒二期生、すき家がまだ8店舗しかない時に入社。

店長、エリアマネジャー、ブロック長、スーパーバイザーを歴任。

退職後1994年に有限会社リトルライオンを設立した。

現在まで2000店舗以上の経営サポートを行い。同時に20,000人以上の店舗従業員の教育を行っている。

高速道路のSA,PAの店舗、鉄道会社の飲食店舗、道の駅、公的機関の店舗、大手チェーンから月商10万円程度の経営サポートまで行っている。

これから生き残る店舗づくりのサポートしている。

経営意匠の勉強会+実践の場としてリトルライオンが主催する「明日の店舗経営研究会(アスケン)を主催する。

興味のある方は繋がって頂ければ幸いです。

明日の店舗経営研究会(アスケン)
http://as.little-lion.com

FaceBookやっているので気軽に「シシぶろ見たよ!」とコメントして友達申請して下さい。
https://www.facebook.com/do44do

最近は2014年から始めたロードバイク(自転車)にはまってます。。。笑

スポンサーリンク
336×280-03
コメントの入力は終了しました。