728×90
320×100

インターネットビジネスで成功を収めた先人たちの具体例

シェアする

160203-36

インターネットビジネスって言葉は良く耳にするようになりました。実際には身近になりすぎて、どの会社がインターネットビジネスを行っていることすらぼやけてしまっているかもしれません。

昨今、大富豪やセレブといわれる人で新たに呼ばれる人の大半はインターネットビジネスの経営者です。インターネットビジネス界の大成功として名高い例と現在ネット上で繰り広げられているインターネットビジネスの種類やビジネスモデルそれぞれの成功例をあげてみました。

インターネットビジネスを始めるのに、年齢制限も能力制限も資金制限もありません。誰でも始めたいと思えば始めることのできるビジネスであり、成功する可能性も平等にあります。

現実には、成功例以上の失敗例が数多くあります。しかし、インターネットビジネスを始めるにあたって、まずは成功例を参考にしてみたいと思います。

Amazon.com

インターネットビジネスの先駆けであり、ブームの火付け役ともいわれるのが世界最大のショッピングサイトAmazon.comです。その存在を改めて見直してみるとインターネットビジネスそのものであることが分かります。

しかし、あまりに巨大化して定着しているため、ビジネスモデルとして認識されることはかえって少ないかもしれません。それほど、インターネットという社会の一部になっている感があります。

世界160か国あまりに顧客を持ち、書籍・DVD・雑貨・電子機器などを販売し、物販・コンテンツ・オークション・輸出入ビジネス・ドロップシッピングを幅広く扱うネットショッピングサイトであり、電子商取引によって企業と企業(B to B)、企業と消費者(B to C)、消費者と消費者(C to C)を結びつけています。

そんなAmazo.comも多くのインターネットビジネス志願者同様1995年設立時にはたった1人でのスタートでした。4~5年は黒字転換しないだろうとの見込みの元、スローかつ堅調なペースで成長し続けたAmozon.comは1999年末に11人、1999年に1600人の従業員を抱える大企業となったのです。

eBay(イーベイ)

日本ではAmazon.comほどの知名度はまだありませんが、世界規模でインターネットオークションを中心とするサービスを展開しています。

1995年に立ち上げられたeBayは3年後にはNSDAQ(ナスダック)へ株式公開を果たすほどの急成長を果たしたインターネットビジネスの成功実例の一つです。

2000年に日本進出したましたが、既にYahooのオークションサイトが定着していたために2002年には撤退しました。しかし、2007年になってYahooオークションとの提携によってeBayの商品を購買代行する『セカイモン』サイトを立ち上げ、さらには日本語ポータルサイトも登場しています。

オークションサイトとしてスタートしたeBayですが、現在e-ショッピングモールとして、そのビジネスを拡げています。

オンライン決済システム大手のPayPalやインターネット電話のSkypeの関係会社としても知られています。

楽天市場

国内では最大のショッピングサイト。会員数でも出店数でも売上高でもトップクラスを維持しています。

『楽天』は他に、楽天ブックス、楽天オークションなどのECサイトも運営していますが、楽天市場がもっとも大規模で成功を収めています。

ショッピングサイトの運営とともに、ファイナンス・アフィリエイト関連の事業を幅広く行っていて、近年は特にファイナンス部門の事業に力を入れています。

また、事業を拡大する際に新規に立ち上げず、既存の他社サービスを買収する傾向にあったため、提供サービス名の煩雑さや部門間提携の分かりにくさなどの不都合が見られましたが、徐々に統一されて楽天ブランドへと一体化が進められています。

Yahoo! ・Yahoo! Japan

Yahoo! は、世界的なポータルサイトの代表的存在です。検索サービスが大当たりし、世界でも有数のアクセス数を獲得し続ける超巨大サイトです。

日本では『ヤフー』によるYahoo! Japanが運営されているが、Yahoo! Japanもまた、独自に世界有数サイトとしてアクセス数を集めています。また、各国のYahoo! のほとんどが、アメリカYahoo! の影響を大きく受ける中、Yahoo! Japanは独自のサービス展開を行っています。

特にMy Yahoo! はYahoo! Japanのメインページ同様に個人の嗜好に合わせたポータルサイトとして使用できるサービスです。Yahoo! Japanでは多くのインターネットビジネスが複合的に展開されているため、ポータルサイトを自分好みのコンテンツでアレンジできるという使い勝手の良さが人気となっているようです。

提供されるサービスコンテンツとしてはYahoo! オークション(ヤフオク)、ショッピング、ロコ、ファイナンス、きっず、チャット、メール、知恵袋、リサーチ、辞書、ニュース、ブックスなどなど、あらゆる分野のビジネス見本がずらりと並んでいます。

2ちゃんねる(2ch)

電子掲示板としてスタートした2チャンネルは幅広い分野の話題が投稿される自由さ、カテゴリ別に区切られた使いやすさ、匿名性が受け、急速に発展・巨大化したインターネットビジネスの一種です。

自由な投稿スタイルはアラシや犯罪にも使用されることがあり、多くの訴訟を抱えるサイトとしても有名です。このサイト1つの歴史にインターネットビジネスの成功と失敗の実例が詰まっています。

アフィリエイト成功例・メルマガアフィリエイト

アフィリエイトを使用したインターネットビジネスの中で、もっとも注目されているのがメルマガを使ったものだと思います。ブログも同様ですが、読みたい・見たいという固定読者数を常にキープすることが、アフィリエイト収入につながります。

サイトそのものに魅力があれば、極端な話、更新回数が少なくともかなりのアクセス数を稼ぐことができますが、専門知識もなくいきなりその域に達するのは難しことです。まずは興味を惹く内容のメルマガをマメに更新して、読者を増やしていくことが地道で遠回りな方法のようで、最終的には近道となりそうです。

実際の成功例は大手検索サイトを使い『人気メルマガ」』などで検索をかけてヒットするランキングサイトの上位を占めるものを見ると分かりやすいと思います。これらのほとんどが成功例です。もちろん、中には個人が楽しみで書いているようなものもありますが、毎週・毎月、ランキング上位の常連となっているメルマガの最新号は、アフィリエイトの成功実例そのものです。

実際に見てみると、さまざまなコンテンツの宣伝文句とそれへと結びつくリンクが大量に貼られているのが分かると思います。読者を数万人から数十万人抱えるメルマガを配信するたび、読者の一部がこれらのリンクへと流れ、そこからさらに他リンクへ、またコンテンツ購入へとつながっていきます。

すなわち、メルマガアフィリエイトでは、まず読者数を増やすことが成功への第一歩となります。続いて、リンク先へと導く内容のメルマガ作りがあります。もちろんアフィリエイト先の内容とマッチしている必要があります。

また、最近の傾向としてメルマガアフィリエイトで成功しているサイトの多数が『インターネットビジネス』関連の話題を掲げています。ここでも、インターネットビジネスへの関心度の高さが伺えます。

ポイント・お小遣いサイト成功例

ポイントサイトやお小遣いサイトを運営するならともかく、利用することで成功するのは難しいです。なぜなら、とにかく単価が低いからに他なりません。

だからといって、これらのサイトの利用が無益だというわけではありません。単純にお小遣いを稼ぐのももちろんいいと思います。しかし、インターネットビジネスでの成功を目論んでいるなら、さまざまなポイントサイト・お小遣いサイトを覗いて回ること、そして実際にお小遣いを稼ぎながら利用してみることで、その使い勝手や客層別の興味の惹き方などを学び取ることができるはずです。

そこからポイントサイトやお小遣いサイトの運営へと手を伸ばす方法もあり、または、自身のアフィリエイト対象として利用していく方法もあると思います。

クラウドソーシング成功例

企業と技術者・労働力とを結ぶサイトであり、企業側は求める人材を探しに、求職者は自分にできる求人を探しに訪れます。クラウドソーシングサイトはマッチングサイトです。

専門職スタッフを常時抱えていたくない・より安く多くのアイデアを集めたい。しかし、独自にコンペを設定したり・広範囲に募集をかける手間をかけたくない。そんな企業側の要望。

技能はあっても、実績や機会に恵まれない。煩わしい人間関係を嫌う一匹狼タイプの個人技術者の要望。

この二つをクラウドサイト上でマッチングやトライアルの場として、そして報酬支払の代行にいたるまでを行ってくれるという双方に嬉しいシステムを作り出し、より多くの企業と個人が登録するサイトが成功を収めています。

ほとんどのサイトが個人側は無料登録で、企業側のみが有料登録です。または、マッチング成功報酬の形を取っているサイトもあります。サイト上で募集から納品・支払までのほとんどの作業が行えるだけのシステムを構築する必要があり、サイトを立ち上げるにはそれなりの知識が必要です。

ランサーズ、クラウドワークス、シュフティなどが大手であり、成功例といえると思います。

こうしてみていくと、名の知れた大手インターネットビジネスサイトは、手広くさまざまな分野へと触手を伸ばし、1サイト、1企業、1個人から、同時に多方向から利益を吸い上げる形を構築し、成功を収めています。

個人でもそれを目指すことは可能です。Amazon.comのように、個人起業で成功している例は多数あります。しかし、最初から多方面に手を出すのが危険なのも事実です。

自分の持つ知識や能力に見合ったスタート。そして努力して収入を増やしていく中で徐々に多方面へと目を向けていく、それが正しい成功への過程だと思います。

Shinichiro SHISHIDO
店舗の売上応援団長

株式会社ゼンショー(すき家)に新卒二期生、すき家がまだ8店舗しかない時に入社。

店長、エリアマネジャー、ブロック長、スーパーバイザーを歴任。

退職後1994年に有限会社リトルライオンを設立した。

現在まで2000店舗以上の経営サポートを行い。同時に20,000人以上の店舗従業員の教育を行っている。

高速道路のSA,PAの店舗、鉄道会社の飲食店舗、道の駅、公的機関の店舗、大手チェーンから月商10万円程度の経営サポートまで行っている。

これから生き残る店舗づくりのサポートしている。

経営意匠の勉強会+実践の場としてリトルライオンが主催する「明日の店舗経営研究会(アスケン)を主催する。

興味のある方は繋がって頂ければ幸いです。

明日の店舗経営研究会(アスケン)
http://as.little-lion.com

FaceBookやっているので気軽に「シシぶろ見たよ!」とコメントして友達申請して下さい。
https://www.facebook.com/do44do

最近は2014年から始めたロードバイク(自転車)にはまってます。。。笑

スポンサーリンク
336×280-03
コメントの入力は終了しました。