728×90
320×100

インターネットビジネスを仕事にして成功することは顧客のニーズに答えること。

シェアする

160203-35

急激なネットインフラの整備とともに、「より便利に!」という人間の欲求がインターネットビジネスを日々大きく膨らましていきます。今や、日本ではほぼすべ店人が売り手や買い手、さまざまな立場でインターネットビジネスに関わっています。

現在では非常に数多くのビジネスがインターネットを用いておこなわれています。では、その数多くのビジネスすべてが成功しているのでしょうか?答えはノーです。もちろんのことながら多くのビジネスのうち成功しているのはほんの一握りだと思います。

成功した例としては『楽天市場』などの大型のインターネットショッピングモールや『Amazon』などの書籍や電子機器などの非常に数多くの商品を取り扱っているインターネットショップなどが挙げられています。

楽天市場などの大型のインターネットショッピングモールは実際のショッピングモールのようにテナントのような小型店舗の集合からなるショップです。では、楽天市場が成功して、その他の多数のインターネットショップが成功しなかった理由はどこにあるのでしょうか?

その違いはサイトで商品を掲載する際の商品紹介やショッピングをするに当たっての顧客の視点を重視しているかどうかというサイトの構成にあります。

実際にショッピングに出かけたときを考えていただけばお分かりいただけるかと思いますが、商売っ気のない店舗に足を運ぶよりも丁寧かつ詳細な説明を付け加えてくれる店員の方がいる店舗が売り上げを伸ばすのは当然のことです。

もちろん店員さんが近づいてくるのを苦手と感じる方も多いかとは思います。それらを加味して「時間や人目を気にする必要がない」、「知りたいと思う事柄が説明されている」、「ほしいと思った商品を用意に探し出せる」など、「顧客からみて商品購入が容易か」、「商品購入までのサイトの構成に興味がわくものがあるか」など、顧客視点でサイト構成を客観的にみて改善し続けたことで運営していることが、他のショップと楽天市場との大きな違いとなり、現在では国内有数の大型ショッピングモールに成長したと考えられます。

『Amazon』に関しても楽天市場同様に顧客が不便と感じる日常生活の穴ともいえる部分を見いだせたことが拡大につながったと考えられます。

普段特定の書籍を購入したいと考えたときに、実際に書店に足を運んで目的とする書籍を探すまでには非常に多くの労力がかかります。それをAmazonでは自社に広い書籍管理用のスペースを設けて、特殊な管理方式をとることで目的とする書籍が注文されてから発送されるまでの期間を短期間でおこなえるほどの管理方式を構築しました。そうすることで低コスト且つ膨大な商品数を扱うことが出来るようになり、それらの書籍の管理が行き届いているおかげでリアルタイムで在庫情報等をインターネットショップ上で公開することに成功しています。

つまり、「ほしいものがすぐ手に入る」とい点を重要視し、それを実現できたことが成功した大きな理由といえます。

なんとなくビジネスを行い、当然のように知られている技術や手法をとっては、ビジネスの大成功にはつながらないことが多いです。

まだ見いだされていない日常生活の不便な点をビジネスチャンスになるととらえられるよう、日々アンテナを張っておくことが、成功につながるはずですので、普段から注意して生活してみましょう!

Shinichiro SHISHIDO
店舗の売上応援団長

株式会社ゼンショー(すき家)に新卒二期生、すき家がまだ8店舗しかない時に入社。

店長、エリアマネジャー、ブロック長、スーパーバイザーを歴任。

退職後1994年に有限会社リトルライオンを設立した。

現在まで2000店舗以上の経営サポートを行い。同時に20,000人以上の店舗従業員の教育を行っている。

高速道路のSA,PAの店舗、鉄道会社の飲食店舗、道の駅、公的機関の店舗、大手チェーンから月商10万円程度の経営サポートまで行っている。

これから生き残る店舗づくりのサポートしている。

経営意匠の勉強会+実践の場としてリトルライオンが主催する「明日の店舗経営研究会(アスケン)を主催する。

興味のある方は繋がって頂ければ幸いです。

明日の店舗経営研究会(アスケン)
http://as.little-lion.com

FaceBookやっているので気軽に「シシぶろ見たよ!」とコメントして友達申請して下さい。
https://www.facebook.com/do44do

最近は2014年から始めたロードバイク(自転車)にはまってます。。。笑

スポンサーリンク
336×280-03
コメントの入力は終了しました。