728×90
320×100

なぜ多くの成功者体を鍛えているのか?富裕層、一流、大企業の経営者や重役がいわゆる『いい体』をしているワケ

シェアする

Sport man.

流行なのか?見た目を気にするひとなのか?不思議だと思いませんか?大企業の経営者などいわゆる「一流」「成功者」「富裕層」と呼ばれる人たちがいわゆる『いい体』をしています。

稼ぐ人は時間もないだろうし、仕事ばかりやっているイメージが大多数を占めるのではない火と思います。どうして彼らは体を鍛えているのでしょうか?

「一流の男にとって『普通』の基準は一般人とは違う」ということです。一般人から見て「すごい」と思えることは、彼らの中では「当たり前」になっているのです」。

よく肌のキレイな女性は、どんなスキンケアをしているか尋ねられるが、大抵答えは「何もしていないよ」です。それは彼女にとって毎晩パックすることが当たり前で、特別なことだと思っていないからなのです。

同様に普通の人が特別だと思っていることを生活習慣に組み込み、「当たり前・普通のこと」にしてしまえば、一流の男に近づけるということです。

一流の男は、人に対してよく見せたり、自信を持って堂々と振る舞ったりするにはどうしたら良いかということをいつも真剣に考えています。ビジネスシーンでは第一印象が大切です。一流の男が体を鍛えるのは第一印象を良くすることに尽きます。ビジネスチャンスを広げたり、自分に自信を持ったりするための手段として行っています。

ゆるんだ体が相手に与える印象は決して良くないはずです。さらに、自己管理ができない人だと思われてしまい、損をします。彼らはそのことをよく知っています。

ダイエット、または体を鍛えることの良いところは、方法が明確であることです。無理なく続けられるダイエットをすれば、そのぶん成功率も高いですし、成功後にその達成感から自信が持てるようになります。さらにその成功体験が元になり、成功癖がつき、いろいろなことが上手く回っていくようになります。

ここまで書いたとおり、一流の男は成功体験が多く、それゆえ自分に自信を持っています。とはいえ、成功者の多くは大きな失敗もたくさんしてきています。

成功者には『欠点だらけ』という共通した側面があります。それはオールラウンダーを目指すのではなく、長所だけをひたすら頑張って伸ばしているからです。だからある特定の分野で秀でてはいるけれど、そのぶん失敗も多いのが現実です。

僕の知り合いに20代で年収1000万円を超え、30歳でオフィスの販売会社を起業した知り合いがいますが、リーマンショックの影響を受けて投資に失敗し、30代後半で4億円もの借金を抱えてしまいました。でも、人の縁でいろいろ仕事をもらい、なんとか3年で復活し、現在は開業コンサルティング業務で年間500件以上の相談を受けています。

彼は良い意味で鈍感です。彼を含めて成功者の多くは『先のことを気にしすぎない』特徴があります。どんな悲惨な状況でも必ず活路はあるので足を止めないのです。

彼らが気にしていることといえば失敗よりも健康です。自分の体は自分だけのものではなく、企業や他の人にも影響することを知っているから『健康への意識が高い』のです。だから成功者はダイエットしたり体を鍛えたりしていると思います。

さらに興味深い特徴が「しっかり遊んでいる」ことです。オンオフの切り替えが上手でないと、何事も継続しづらい。そもそも続けない限り、成功はないといえます。「ダイエットも同じで、食事制限ダイエットや置き換えダイエットなどの過酷で偏った方法では一時的に痩せても続けられなくて失敗してしまいます。成功体験に欠かせないのは継続です。適度な息抜きは必要不可欠だといえます。

『失敗を繰り返しながらも折れないマインドと健康な体で前進し続けること』これが成功者の特徴のだと思います。真似してすぐに会得できるものではありませんが、考え方を頭の片隅に置いておくだけでも成功への道に一歩近づけるのでしょう。

では、体を鍛えたりダイエットをしたりすることで、お金持ちになれるのでしょうか? その因果関係については「ダイエットは成功への第一歩になり得るわけですから、関係があると思います。

もし成功者になりたいと思っている人がメタボだった場合、まず最初にダイエットすることをおすすめします。成功体験が得られるだけでなく、成功癖がつきやすくなることと、目的を明確にできるからです。

何かに成功したい場合、自分がどうなりたいかというビジョンが不明確だと目標がブレて頓挫しやすくなります。一方、ダイエットは「痩せる」という目的が明確で、そのためにすることが決まっています。あとは自分のヤル気次第というわけです。

ダイエットの成功が人生への成功の第一歩になっている人は非常に多いです。体を鍛えること・ダイエットをすることで見た目を美しくすることは、お金持ちになるためのチャンスだと思います。

実際に私も太っていたころより活力と集中力は数倍になっています。さらに、ダイエットという手段を用いて成功癖をつけられました。ダイエットは比較的手にしやすい成功体験です。それにより自己基盤がしっかり形成された状態で「具体的にどうお金持ちになりたいのか」を考えてみましょう。そのとき初めて人生の成功への道が見つかるかもしれません。

道が見つかればダイエットと同じで、それに向けて前進するのみです。

Shinichiro SHISHIDO
店舗の売上応援団長

株式会社ゼンショー(すき家)に新卒二期生、すき家がまだ8店舗しかない時に入社。

店長、エリアマネジャー、ブロック長、スーパーバイザーを歴任。

退職後1994年に有限会社リトルライオンを設立した。

現在まで2000店舗以上の経営サポートを行い。同時に20,000人以上の店舗従業員の教育を行っている。

高速道路のSA,PAの店舗、鉄道会社の飲食店舗、道の駅、公的機関の店舗、大手チェーンから月商10万円程度の経営サポートまで行っている。

これから生き残る店舗づくりのサポートしている。

経営意匠の勉強会+実践の場としてリトルライオンが主催する「明日の店舗経営研究会(アスケン)を主催する。

興味のある方は繋がって頂ければ幸いです。

明日の店舗経営研究会(アスケン)
http://as.little-lion.com

FaceBookやっているので気軽に「シシぶろ見たよ!」とコメントして友達申請して下さい。
https://www.facebook.com/do44do

最近は2014年から始めたロードバイク(自転車)にはまってます。。。笑

スポンサーリンク
336×280-03
コメントの入力は終了しました。