728×90
320×100

ネットビジネスの成功者とはどんな人なのだろうか?特徴を挙げてみました。

シェアする

160203-14

『役員四季報』“年収1億円超”の上場企業の役員リストを見てみるとIT企業の上場企業役員が何とも多くなったと誰が見ても分かります。特に他業種に比べて年齢が若いのも特徴だと思います。

何を言わんとしているか。それは会社を大きくすること、収益を上げることに時間が掛からないことを意味しています。間もなく国内スマホ保有台数も国民数と同じになります。

継続は力なり

日本のインターネット普及率が80%に迫る昨今では、自宅に居ながらパソコンを利用して稼げるビジネスが沢山あります。

初期費用や高いスキルが必要となるビジネスから、ネットやパソコンの初心者でも簡単にできるものまで幅広い種類のビジネスがあるわけですが、入り口が広く多くの人が参入できる割にネットビジネスの成功者は一握りです。

ネットやパソコンスキル、マーケティングの知識など個々人の能力に差があり、成功者か否かの分かれ道になることもありますが、失敗者に多い一番の理由は継続できない事です。

全てのネットビジネス成功者が順調に実績を積み上げてきたわけではありません。

私自身もそうですが、現在ネット収入を得ている人の殆どは多くの失敗を経験しながらも継続する事を止めなかった人達です。

私の経験上、ネットビジネスは個人差はあっても継続していれば遅かれ早かれ誰でも必ず収入を得ることができます。

裏を返せば、即効性の高いネットビジネスはごく限られたものであって、本来ネットビジネスを成功させるにはある程度の時間が必要であると言うことなのです。

その時間を短縮できるか否かは、それぞれマーケッターの努力次第となるわけです。

希望は大きく期待は小さく

では、ネットビジネスを止めてしまう人達は何を継続できずに止めてしまうのでしょうか?

大体はブログなどのサイト更新を継続できずに止めてしまいます。

WEBサイトを利用したビジネスでは、多くのネットユーザーを自分のサイトへ集客する必要があります。

集客する為には、訪問ユーザーがサイト内を興味を示し長い時間回遊できるだけの記事が必要となります。

複数の記事を自分で作成するには、それなりの情報と時間が必要となります。

このような多くのネットユーザーを集客し、自分のサイトで満足してもらえるように記事作成を継続するだけでも、ネットビジネスのスキルは必ず向上します。

なぜなら、沢山の記事作成をするには、今持ち合わせている以上の新たな情報も必要となりますし、ユーザーの利便性や利益を考えてより良質のサイトを構築しようと努力するからです。

しかし、多くのネットビジネス初心者が継続を諦めて、記事更新を止めてしまいます。

この止めてしまう大きな理由が過度な期待なのです。

ある程度のノウハウがあればブログ開設後2か月程度で大きな収入に繋がる成果を出すこともできます。

でも、ノウハウを持っている人でも軌道に乗せるまで2か月程度は掛かってしまうのです。

ですから、ネットビジネス初心者が1、2か月間サイトの記事更新を継続しても納得いく成果が出なくて当たり前の結果なのです。

ネットビジネスに対する将来の大きな希望は持つべきだと思いますが、結果を急いだ過度な期待は自分のモチベーションを下げる可能性がとても高いです。

ネットビジネスを始めるのなら、収入以前に良好なネットワークの構築を先ず努力するべきです。

成果に繋がるまでの期間を知る

稼ぐ手法やその為に利用するツールによって、成果に繋がるまでの期間は異なります。

サイトやブログを活用したビジネスは、仕組みの構築までに数か月程度の時間が必要となります。

但し、仕組みの構築が出来上がると、簡単なメンテナンスのみで継続収入を生むキャッシュマシーンと生まれ変わります。

逆にせどりやオークションの転売など即効性の高いビジネスもあります。
しかし、この場合には単発的な収入になることが多く、継続して安定収入を得るには、やはりサイトなどとの連動が必要となり、その仕組み作りに時間を要します。

ネットビジネスを根気よく継続し成功を引き寄せるには、全てのビジネスを一緒くたで考えず、それぞれの手法で収入を得るまでに必要な期間ややるべきことをしっかり把握することです。

また、成果を計る目安はお金だけではありません。

お金に繋がる以前に、自分の知識が向上したり、自分を信頼してくれる読者が増えたり、様々な成果があるはずです。

このような事も自分自身の成果として客観的に計ることができれば、いずれ収入を生む成果が現れることも容易に想像できるはずです。

ここで書いたように簡単ではありませんが、なかなか継続できる人がいないところに成功する鍵があると思いませんか?2016年~2017年はネット業界では市場が大きく盛り上がるチャンスです。

Shinichiro SHISHIDO
店舗の売上応援団長

株式会社ゼンショー(すき家)に新卒二期生、すき家がまだ8店舗しかない時に入社。

店長、エリアマネジャー、ブロック長、スーパーバイザーを歴任。

退職後1994年に有限会社リトルライオンを設立した。

現在まで2000店舗以上の経営サポートを行い。同時に20,000人以上の店舗従業員の教育を行っている。

高速道路のSA,PAの店舗、鉄道会社の飲食店舗、道の駅、公的機関の店舗、大手チェーンから月商10万円程度の経営サポートまで行っている。

これから生き残る店舗づくりのサポートしている。

経営意匠の勉強会+実践の場としてリトルライオンが主催する「明日の店舗経営研究会(アスケン)を主催する。

興味のある方は繋がって頂ければ幸いです。

明日の店舗経営研究会(アスケン)
http://as.little-lion.com

FaceBookやっているので気軽に「シシぶろ見たよ!」とコメントして友達申請して下さい。
https://www.facebook.com/do44do

最近は2014年から始めたロードバイク(自転車)にはまってます。。。笑

スポンサーリンク
336×280-03
コメントの入力は終了しました。