728×90
320×100

マインドセットを変えなければ成功はない!なぜマインドセットは必要なのか?

シェアする

160203-13

何かを成し得ようとするとき多くの人はノウハウを知りたがります。仕事や人生で成功しようと思うならば20%ノウハウと80%のマインドセットが必要なのです。

ですから、色々な書籍を読み漁り膨大なノウハウを知識として学んだとしても、それだけでは全く意味がないのです。では、マインドセットとはどういうモノなのか、お伝えしていきます。

全ての出来事は自分の責任であることを理解する

仕事や大きな収入を得ようとしたとき全員が成功することはありません。成功する人もいれば失敗する人も必ずいます。

あなたがもし会社に属しているとしたら、自分の問題を人に責任転換する人が周りに一人や二人は必ずいるはずです。しかし、このような思考でビジネスをやってはいけません。

何が起きたとしても全ては自分の責任であるということを忘れてはなりません。セールスの成績が良くないのならばそれは自分のせいです。顧客数が増えないのならばそれは自分のせいです。売上げが一向に増えないとしてもそれは自分のせいです。

原因が自分のせいだと思うことができたら、あなたは次の行動を考えて実行に移すことができるようになります。逆に人のせいにしてしまうとその時点で思考が停止し、そこから具体的に何をすればいいかというのが分からなくなります。

ですから、全ての出来事は自分の責任であることを認めること、そして自分の責任で行動に移していくこと、これがビジネスをうまく回転させていくための第一歩になります。

当たり前のことですが、当たり前のことを当たり前に出来ない人は必ず失敗します。

社会のプログラミングから抜け出す

あなたが今まで親や友達や学校や会社(社会)から受けてきた影響は計り知れません。

あなたの思考回路は今まで社会から受けてきた洗脳でプログラミングされています。このプログラムは「お金持ちになれない思考」になるように計算されています。この思考回路を持つ限り成功はあり得ません。

この思考回路から抜け出すには、まずはあなたが今までそういうプログラミングを受けてきたことに「気づくこと」から全てが始まります。次に、この考え方を変えるための努力を行うことが必要になってきます。

このプログラムを書き換えていくには、主にマイナスのエネルギーを発している人から離れることとマインドに取り込んでいく情報を適切に取捨選択していく必要があります。

例えば、人を批判する人と付き合っていてはビジネス思考を培っていくことはできません。また、メディアに洗脳されていてもビジネス思考を培っていくことはできません。

まずは脳内をリセットすることが大切です。

思考パターンを矯正する

人のマインドには意識のマインドと無意識のマインドがあります。

人は普段は無意識のマインドが存在していることに気づいてはいません。しかし、特定の事柄に対して特定の反応を示すメカニズムは、この無意識の回路によるものです。このメカニズムを「思考パターン」を呼びます。

例えば、子供の頃に犬に噛まれた苦い思い出があれば大人になっても犬を見れば「怖い!」と思ってしまうのはあなたの無意識のマインドが子供のときにそのようにプログラミングされてしまったからです。

つまり、無意識のマインドはあなたを特定の考え方に偏らせる強力な力があるので放置したままではいけないということです。

犬は全然怖くないんです。本当は可愛いんです。でもあなたの無意識のマインドがそう言うのだから、あなたは怖いと思ってしまう。別に犬恐怖症だけに関わらず他の事柄でも無意識のマインドが思考パターンを決めてしまっていると考えると、とても怖い話です。あなたの中での固定観念をそろそろ払拭しないと次のステップには進むことができないのです。

では、犬恐怖症を根本的に直していくにはどうすれば良いのか。実は、その方法はたったひとつしかありません。

それは毎日犬に関してのポジティブな情報をあなたのマインドに送っていくことによって過去の苦い思い出を上書き保存してあげるのです。セラピーのようなものです。

ここで大切なのは、ある日突然犬恐怖症が直ることはないということを理解することです。毎日毎日ポジティブな情報をあなたのマインドに送っていけば、いずれ直るというのが普通です。

この考え方をあなたの仕事や収入に置き換えてください。

毎日ポジティブな情報を書き込んでいけば、いずれあなたの中でその新しい情報が現実となります。あなたの無意識のマインドをビジネス思考に変えていけるように毎日ポジティブな情報を送っていき上書き保存を図るのです。

あなたの中での固定観念を払拭し、できない理由を探さないようにメンタル面を変えていくのです。

未来のビジョンを描く

未来の自分がどうなっていたいかというビジョンを頭の中で描いてください。

やり方は簡単です。毎日寝る前に、そして起きた後に、誰にも邪魔されない環境で最低でも20分「あなたはどうありたいか。どんな未来を作っていきたいか」を頭の中でビジョンを具体的に描いていくのです。

人間は自分が想像さえできないことを実現させるなんてことはできません。逆に言えば、人間は自分が想像できる範囲でしか実現できません。ですから具体的な未来を頭の中で描いていくことはとても大切なことなんです。

こうしたい、こうなりたい、こうありたい、これらを具体的に描いていくことであなた自身の方向性がだんだん分かってくるようになります。その未来を実現するには何をする必要があるのか、何をやめる必要があるのかなど、未来を作っていくための具体的な手順が見えてくるようになります。

このとき自分にウソをついてはいけません。心の声に耳を傾けてあげることが大切です。

引き寄せの法則があることを理解する

あなたが悪い気持ちになっていたら次から次への悪い事を引き寄せてしまう。逆に良い気持ちになっていたら次から次へと良い事を引き寄せていける。これはウソのようで本当の話です。

あなたの心の持ちようで現実が変わってしまうのです。

同じことが起きても「嫌だ!」と思うか「ツイてる!」って思うかであなたの人生は変わります。そのため、あなたが普段からプラス思考でいることはとても大切になります。

既に2番で挙げた「社会のプログラミングから抜け出す」と話が重なりますが、マイナスのエネルギーを発している人から離れることと、マインドに取り込んでいく情報を取捨選択していくことで、普段からプラス思考になる事が可能になります。

自尊心を磨く

自尊心とはあなたが自分を信じる力のことです。自尊心はうぬぼれとは違います。

「自分ならできる!」と自分を信じてあげることで初めてあなたは仕事をする権利が得られます。

逆に、「売れない…」「自信ないな…」なんて思っていたら、どうやって大きく収入を得ることができるのですかという話です。

あなたが自分のことを信じてあげなければ一体誰があなたの事を信じてくれるのですかという話になるのです。

人は自分が自分自身に対して思うことが現実となるようにできています。ですから自分を信じてあげてください。

簡単にはできないかも知れません。でも、それにはコツがあります。

それは自分がハッピーになれる分野を選ぶということです。既に4番で挙げた「未来のビジョンを描く」と話が重なりますが、自分に対してウソをつかないという事は必ず徹底してください。

多くの人は自分にウソをついて生きています。でも、自分にウソをつくのを止めないといつまで経ってもハッピーになることができません。

お金のためでもなく、誰かのためでもなく、まずは自分の心の声を聞いてあげてください。

自分がハッピーだと思えないことはやる意味が全くないのです。

だってアンハッピーである=情熱がないのだから、それは簡単に人に伝わってしまうからです。

自分がハッピーになれる分野では、うまいとか下手とか関係なく自分としていられるのだから、自分に自信を持つことができるはずなのです。

成功する人は今やる

東進ハイスクールの林先生がテレビで、「いつやるの?今でしょう!」と言ってブームになりましたが、ブームが去ったからと言ってこのフレーズは忘れ去られるべきではないのです。

この考え方はビジネスで成功するには必須な考え方です。

全ては行動から始まります。

頭の中で妄想していても何も始まりません。

むしろ、マインドはあなたを惑わせるようなことを言ってきます。マインドはあなたに「本当にこれで良いのか?」と聞いてきます。マインドは基本的にマイナス思考です。

そんな根拠もないマインドのことを聞いている暇があったら、まずは行動をすること。行動すればマインドは黙ります。行動せずに考えれば考えるほどマインドは余計なことを言ってきて実現することができなくなります。

あなたがマインドにコントロールされるのではなく、これからはあなたがマインドをコントロールする側になるのです。

成功するのに運なんてないことを理解する

多くの人はこういう言い訳をします。

「あの人は良い人にたまたま巡り会えたから成功した!あの人だけラッキーなのはずるい!」

「私にはコネクションなんて無いし、学歴も良くない!」

こういう言い訳をしている場合、今すぐにやめてください。なぜなら、成功するのに運なんて無いのですから。

その人が良い人に会えたのも実力のうち、あなたが上手くいかないのも実力のうちです。

結果というのは、あなたの行動に対する成績表です。

既に7番で挙げた「成功する人は今やる」と話が重なりますが、全ては行動から始まります。行動がないと結果自体が存在しません。原因がないのに結果を求めるなんて原理的にはあり得ない話です。

前述したように、仕事や人生で成功に必要なモノの内訳としてはウハウが20%で、実は残りの80%はマインドが占めます。

テクニックやノウハウは勉強すれば学べますが、マインドは変えていくのには自分と向き合う必要があります。

自分と向き合うにはもの凄い努力と時間がかかります。そのため、マインドを育てていくには早ければ早いだけ良いのです。

Shinichiro SHISHIDO
店舗の売上応援団長

株式会社ゼンショー(すき家)に新卒二期生、すき家がまだ8店舗しかない時に入社。

店長、エリアマネジャー、ブロック長、スーパーバイザーを歴任。

退職後1994年に有限会社リトルライオンを設立した。

現在まで2000店舗以上の経営サポートを行い。同時に20,000人以上の店舗従業員の教育を行っている。

高速道路のSA,PAの店舗、鉄道会社の飲食店舗、道の駅、公的機関の店舗、大手チェーンから月商10万円程度の経営サポートまで行っている。

これから生き残る店舗づくりのサポートしている。

経営意匠の勉強会+実践の場としてリトルライオンが主催する「明日の店舗経営研究会(アスケン)を主催する。

興味のある方は繋がって頂ければ幸いです。

明日の店舗経営研究会(アスケン)
http://as.little-lion.com

FaceBookやっているので気軽に「シシぶろ見たよ!」とコメントして友達申請して下さい。
https://www.facebook.com/do44do

最近は2014年から始めたロードバイク(自転車)にはまってます。。。笑

スポンサーリンク
336×280-03
コメントの入力は終了しました。